ニュース

ホーム > ニュース > 御礼状が届きました

<01>ニュース

御礼状が届きました

今年の5月に開催されたチャリティーイベント”Take a seat”においての収益金を寄付させていただきました東日本大震災の被災地よりお礼のお手紙が届きました。

その一部をご報告させていただきます。

 

東日本大震災から2年半余りが経過いたしましたが、震災では豊間地区も壊滅的な被害を受け、津波によって85名の方が犠牲になり、8割の家屋が流失しました。被災者は豊間を離れ今なお仮設住宅等で厳しい避難生活を余儀なくされています。豊間区は皆が一日も早く豊間に戻れるよう復興に向け頑張っております。

23年8月、「ふるさと豊間復興協議会」を設立。復興プランを検討。一貫して災害公営住宅と高台構想の実現に取り組んできました。災害公営住宅については、今年2月ようやく待望の造成工事が開始され、現在杭打ち工事が行われております。来春には入居できる見込みとなりました。また、28年春頃には、地区内の2か所に高台住宅地が造成される予定です。

さて、この度はIFDA日本支部の皆様から多額の義援金を賜り有り難うございました。遠藤雅彦様を通じて確かに受領いたしました。皆さまお一人お一人のご厚意に心より感謝申し上げます。皆様のお気持ちに応えるべく大切に使わせていただきます。

今後も豊間区及び復興協議会が先頭に立ち、区民と共にふるさと再興に向けて頑張っていく所存です。今後ともご指導とお力添えをよろしくお願いいたします。先ずはお礼と近況報告を申し上げます。

ふるさと豊間復興協議会会長 豊間区長 鈴木 徳夫

 

 

IFDAからも 改めて、皆さまのご協力に感謝申し上げます。

  • <01>ニュース一覧へ戻る